読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BL社長の妄想BL飯。

料理+BL妄想、そんな料理ブログです

お節っぽい!2017!

あけましておめでとうございます。

気が付いたらもう2017ですね。

ということで本年1回目のブログはお節もどきを。

 

f:id:anjuriena:20170109234150j:plain

 

お節は本来正月三が日に料理をしなくて良いように

日持ちの良いもの、そして縁起ものを食べる風習があり

黒豆は豆マメしく働くとか

海老は腰が曲がるまで長生きとか

煮物の八つ頭は頭になれるようにとか

ちっちゃいころは祖母が話してくれてたけれども

最近は正月もお店ががやってるし

家族が集まるパーティのようなものになってきましたね。

 

今年は毎年作っていた祖母が93才になるので

「お節はリタイア」といって材料費を出してくれたので

塩分制限のある祖母のために減塩をテーマに

お節を作ってみました。

 

 一番のメインはちらし寿司。

f:id:anjuriena:20170109234634j:plain

我が家は家族全員お寿司が好きで

祖父が存命の時は、月島の知り合いのお寿司屋さんを貸し切っていただいて

車いすの祖父と共に家族で行っていました。

祖母も塩分の指導がはいったのですがお医者様が

「市販の寿司酢を使わないで塩控えめにすればいいよ」

とお寿司を解禁してくださったのでちょっと減塩モードのお寿司に。

 

寿司酢を作るときに御塩を入れないで

・酢 

※最近はものによって食塩がプラスされているものもあるので成分をきちんとチェック

・お砂糖

・お酒

・みりん

で寿司酢を作り

お刺身はお醤油をかけなくてもいいように

軽くくぐらせる程度の漬けに。

漬けはしっかり漬けてしまうと塩分が高くなってしまうので

さっとくぐらせる程度に。

白身や帆立などはポン酢にくぐらせるとより塩分を控えめにできます。

卵焼きも出汁メインで焼いたので塩分をひかえて・・・と思ったら

これが失敗してしまいちょっとしょっぱくなってしまった(>_<)

でもそれ以外は塩分控えめに。

 

ただ、これだけだと、普通の若い子たちはあまりにも物足りなくなってしまうので

お醤油の代わりに用意をしたのがこちら。

f:id:anjuriena:20170109235312j:plain

山海漬けやウニイカ、明太イカ。

これは出来合いのものですが、これを添えて食べてもらって

お酒を飲みたい人はこれをおつまみに・・・。

大根ときゅうりは自家製ピクルス。

あとは前日に仕込んだ酢ダコと2日でできた黒豆。

あと厚焼き玉子の残りを詰めてお野菜とお寿司の膳。

 

そして次は3段重

f:id:anjuriena:20170109235644j:plain

右は出来合いのものを詰めただけ~

・鶏のジュレよせハム

・煮貝(山梨の名物だよ!)

・紅白かまぼこ

・ふぐの粕漬炙り

・浅漬け盛り合わせ

 

左の手前

・野菜のテリーヌ

コンソメでお野菜を軽く煮て

生ハムと野菜を段々に重ねて

コンソメをゼラチンで固めたサラダ風

・煮豚

醤油、みりん、お酒、出汁、砂糖で5分ほど沸騰するまで煮たら

後は予熱で火を通して、ジップロックで煮汁とともに1晩寝かせたもの。

野菜をたっぷり敷いた後、うすくスライスした煮豚をON。

 

左奥もきんとん以外は詰めただけー

・数の子(塩抜き)

・昆布巻き(マグロとサーモンバージョンあり)

・ニシンの酢漬け

・マグロの煮物

で、栗きんとんは安納芋で作成。

安納芋の皮をむいて2センチ角にカットして鍋で煮る。

マッシャー(マッシュポテト作る器具)で潰して

水あめで味付け。

栗の甘露煮を入れて完成。

裏ごしはめんどかったので割愛っ!

 

そして、一番手間がかかったのに見た目が地味だったのが・・・

f:id:anjuriena:20170110000637j:plain

蕪を器にした茶わん蒸し・・・のなれの果て。

 

出汁で炊いた蕪に

・舞茸

・とりささみ

・銀杏

・ユリ根

を入れて出汁入り卵液を入れて

蒸してみました。

 

手間かかっているのに、見た目があまりにも地味になってしまった・・・。

次はも少しきれいに作りたいなあ///

 

ということで2017年最初の料理でした。