社長の雑記。料理や日々の徒然

お仕事とはちょっと離れて料理や雑記を徒然に書いていきたいと思います。

「アイドル」座談会に参加させていただきました

第二回オンライン女性座談会 『アイドルになりたい!? アイドルを作りたい!?』|コラボ作品詳細|トークメーカー http://talkmaker.com/works/6fdd651e2e8669bbc43cbfbedadc2208.html

 

作家の佐々木禎子先生に読んでいただき、

たけうちりうと先生、藤沢チヒロ先生、至道流星先生、と私などが参加してよいのか…と震えるほど恐れ多い豪華メンバーに混ざらせていただきました。

 

もしよかったら↑から見れますので是非。

 

私の「アイドルコンテンツ」の作り方、基本のお約束事みたいなものをちょっとだけ語らせていただいております。

 

3日間にわたり、文章でやり取りする、というのがとっても面白かったです。

トークメーカーは対談がお互いのよい時間でやり取りできるのですごく便利で楽しいコミュニケーションのシステムでした。

他にも面白い対談がありましたので、調べてみると面白いかもです。

 

コミュニケーションといえば。

先日とある場所に打ち合わせに行って、約束の時間より30分前についたので近くの「昔からある近所の喫茶店」みたいなところで時間をつぶそう、ということになったんだけれども。

 

f:id:anjuriena:20170521223449j:plain

なんだか見た目も雰囲気も懐かしいコーラフロート。

 

実は、最初に注文したのはソーダフロートだったんです。

私「ソーダフロートおねがいします」

おばちゃん「あいよー」

おばちゃん「ソーダあったよね」

おじちゃん「ないよ」

おばちゃん「え!ないのー!?」

おばちゃん「おねーちゃんごめんねえ。オレンジがコーラでもいい?」

私「じゃあオレンジで」

おばちゃん「オレンジフロートね」おじちゃん「オレンジもないよ」

おばちゃん「ないのー!?もー」

おばちゃん「ごめんねえ・・・」

私「コーラで大丈夫ですw」

おばちゃん「ほんとにごめんねえ」

 

ていうコントみたいなやりとりがあってね。

その後も

おばちゃん「買い物言ってきて」

おじちゃん「やだ」

おばちゃん「やだって。〇〇買ってこないと」

おじちゃん「雨ふってるもん」

おばちゃん「もう止んだわよ。あーもーしょうがないわねえ」

 

みたいなやりとりしてて。

接客としてはあれなのかもしれないけれど、

お店とお客のコミュニケーションとして

この緩さが許されるお店の雰囲気と常連さんなんだなあと思うと

とても微笑ましいなあと思ったのでした。

 

品切れで怒ったり、売切れで怒ったり

そういうイライラがないってこの時代大事ですよね。

 

帰り際にもおばちゃんに「ごめんねえ」と言われて

「また来ますね」と答えたので

次に打ち合わせある時は

ちょっと早めにいってソーダとオレンジがあるか試してみようと思うのでした。